女性能楽師による能楽公演事業

2022年度 ワークショップ能における節供と花々 & 能面のひみつ

高砂やこの浦舟に帆をあげて
女性能楽師による能楽公演事業では自主公演の演目やテーマに沿い、専門の講師を招きワークショップを実施しています。
能楽鑑賞をより一層お楽しみいただくことを目指しています。
来たる、2022.4.13(水)には石川県立能楽堂にで「第五回 能における節供と花々」を開催し、五節供シリーズの最後の演目として、能「高砂」を上演いたします。
会場
金沢能楽美術館 3階 研修室
〒920-0962 金沢市広坂 1-2-25
日時
Part1 2022年2月11日(祝/金) 午後1時〜4時頃
能における五節供のお話/謡の実演
【体験①】 謡う「高砂」
[講師]
井戶理恵子 (⺠俗情報工学研究家)
松田 若子 (シテ方 宝生流能楽師)
Part2 2022年2月13日(日) 午後1時〜4時頃
能における五節供のお話/謡の実演
【体験 2】能面制作に関する体験
【体験 3】能面で謡う「高砂」

※体験 1を参加された方から若干名のみ

[講師]
後藤 尚志 (能面作家)
松田 若子 (シテ方 宝生流能楽師)
参加費
各日 500円
相生の松
相生の松(兵庫県 高砂神社)
講師紹介
井戸 理恵子

当公演解説ではおなじみ五節供について。色々なご質問もぜひどうぞ。

後藤尚志

新進気鋭の能面作家による初のワークショップ。能面制作を間近に。

松田若子

沢鏡会主宰による能楽宝生流の謡体験。

結婚式をはじめ、古来祝言と して謡われてきた「高砂」を 身近に感じてみましょう!!

お申し込み・お問合せ

沢鏡会(松田若子)までメールまたは電話にて

info@takukyokai.jp

070-7489-1775

《 注意事項 》

コロナウイルス感染症拡大防止対策のため、手指の消毒・マスク着用をお願いします。感染症拡大の状況により中止する場合があります。

女性能楽師による能楽後援事業
県内外の女性能楽師による能公演を新たに実施。公演テーマに応じた事前のワークショップ、講演などを企画しています。
◇主催 沢鏡会(たくきょうかい)
◇共催 香舗 伽羅、彗星倶楽部
◇助成 公益財団法人いしかわ県民文化振興基金
©️ 沢鏡会